フィトリフトに副作用はあるのでしょうか?

今回は、オールインワンジェルとして大人気のフィトリフトの気になる副作用について、ひとつずつ解明していきたいと思います。

 

肌の中でももっともダメージの出やすい顔につけるものです、副作用は一番気になるポイントですね。
どんなに効果が高くても、副作用が出るものは絶対に使えません。

 

では、フィトリフトはどのような成分で出来ているのでしょうか。
フィトリフトの全成分は、公式サイトに載っています。
こちらの記事では気になるものを抜粋していますので、全ての成分を知りたい方は、ぜひ一度公式サイトをご覧ください。

 

まずフィトリフトは、「化粧水」「美容液」「乳液」「パック」「クリーム」が一つになったオールインワンジェルです。
その成分についてですが、動物性の原料は不使用と書いてあります。
動物性の成分に副作用が出るかたもいらっしゃいますので、まずは1点クリアといったところでしょうか。
無香料、無着色、鉱物油も不使用だと明記されています
強い香料や着色料の副作用も心配ですし、鉱物油は純度が低いものだと副作用の原因になります。
ここも配合されていないので、大丈夫ですね。
また、パラベンフリーと記載してあります。
パラベンとは「パラオキシ安息香酸エステル」のことです。
これは化粧品によく使用される防腐剤のことですね。防腐剤を使用していないということです。
防腐剤に副作用が現れる方もいらっしゃいますので、ここも安心ですね。

 

また、アレルギーの方に向けて、アレルギーパッチテストを済ませているそうです。ここも安心なポイントです。

 

他に主な成分として、フィト発酵エキス、ダイズエキス、浸透性コラーゲン、ビタミンC誘導体、ヒアルロン酸とあります。

 

このフィト発酵エキス、初めて目にされる方も多いのではないでしょうか。
これは、シロタカキビというものです。シロタカキビというアレルギンフリーの、安心な植物素材です。
これを乳酸菌のおよそ1000倍もの力を持つパントエア菌で発酵されたものです。
このフィト発酵エキスの持つ力は、なんとヒアルロン酸のおよそ6.14倍、コラーゲンの3.13倍、プラセンタの2倍だそうですよ。
アレルギンフリーとのことですので、副作用の心配はなさそうです。
コラーゲンもビタミンCも、ヒアルロン酸も、肌に良い成分ばかりです。

 

ただ一つ気になったのがダイズエキスです。
大豆にはアレルギーや副作用を示される方が多いかと思います。
公式に問い合わせましたところ、口にする大豆と、成分としてのダイズエキスは異なるものだけれども、どうしても気になるようなら使用は控えたほうがいいかもしれない、とのことでした。
私は大豆アレルギーではないので何ともいえませんが、一度でも大豆にアレルギー、また副作用が出たかたは、より詳しく公式サイトにメールかお電話でお問い合わせ下さい。

 

フィトリフトの気になる副作用についてお話してきましたが、いかがでしょうか。
気になる点は遠慮なく、公式サイトからのメールや、お客様相談窓口などの電話でお問い合わせになり、不安要素をなくしてからフィトリフトをお使いくださいね。

 

⇒フィトリフトの公式サイトはこちら

関連ページ

シミ、しわ対策に現在人気No1のオールインワンジェルについて
シミ、しわ対策に人気No1のオールインワンジェル化粧品、フィトリフトの効果について、細かくまとめました。ぜひ、フィトリフトを使ってシミ、しわ対策に力を入れて頑張ってください。
気になる成分について、一つずつ見ていきましょう
気になるフィトリフトの成分について、ひとつずつ細かく見ていきます。安心で安全な製品であるのが最も望ましいですよね。これを読んでフィトリフトの成分について少しでも安心して頂けたらと思います。
アトピー肌でも大丈夫?大人気のオールインワンジェルの使用について
アトピー肌でもフィトリフトを使って大丈夫なのか、問題はないのかについてお話していきます。これを読んで、アトピー肌のかたのフィトリフト使用についてぜひ参考になさってくださいね。
フィトリフトの実際の評判について、包み隠さずまとめました
気になるフィトリフトの実際の評判について、包み隠すことなくすべて書き出してあります。どうしても気になるのは実際の評判についてですよね。これを読んでフィトリフトがどんな製品か、知ってくださいね。
お試しセットみたいなものはあるの?
フィトリフトにお試し制度があるのをご存じでしたか?ほかの販売店からもお試し制度は利用できますが、公式からが最もお得です。ぜひ、最もお得にフィトリフトのおためし制度を利用して、楽しくご使用くださいね。